【婚外恋愛】カレが連絡をとりたくなる理想の彼女って!?

スポンサーリンク

お互い家庭はあるけれど、始まってしまった恋・・・。

秘密の恋愛だから燃え上がる感情。

既婚者の男性がハマってしまう、彼が連絡を取りたくなる理想の彼女についてご紹介します。

 

彼が連絡をとりたくなる理想の彼女の特徴

婚外恋愛中の男性の体験談やリサーチをもとに編集しました。

大人の既婚者男性が惹かれる連絡をとりたくなる理想の彼女とはいったいどんな女性なのでしょうか?
 



 

自分の意見をしっかり言える

自分の意見をしっかりと持っている、人として自立をしている女性が男性からはとてもまぶしく見えるようです。

人生経験も豊富な既婚者男性は、割り切った関係であるからこそ、恋人相手に依存しすぎる女性は好きにならないでしょう。

『自分』という軸をしっかり持った大人の女性に惹かれ、大人としての恋愛がしたいわけです。

 

スポンサーリンク

いつでも人生を楽しんでいる

既婚者男性が惹かれるのはいつでもキラキラと輝いている女性です。

男性は婚外恋愛という人にはおおやけにできない関係でも、ピュアな恋心を思い出し、恋愛を楽しんでいるのです。

「あなたがいなくちゃ生きていけないの・・・」なんて重苦しいのは苦手です。

自分の結婚生活の中で、足りない部分を求めていたりするわけです。

長年の結婚生活で奥さんに対する不満や、セックスレス、会話のなさ、性格の不一致などなど。

奥さんからは得られないものを持っている女性に魅力を感じ、惹かれていくのです。

どこか守ってあげたくなる弱さもある

自分をしっかりと持っている女性が好き!といっても、ガードがガチガチだと近寄りがたい・・・。

男性は本来、女性を守りたいと強く思っていますから、心のガードがガチガチだと「既婚者のオレなんて相手にされないよな」なんて恋愛の対象から外されちゃうかも。

いつもしっかりとしている女性がふいに見せる弱さ

これ男性がドキッとするようです。

しかし、弱い所を見せすぎて「付き合ったらちょっと大変そうな女性だな」なんて思われないよう注意!

 

 

自分のことを理解してくれている

既婚者男性が奥さんではなく、ほかの女性に目を向けてしまうときって、家庭不和な時が多いです。

どこか自分の気持ちに寂しさや、むなしさがあったり・・・。

それを少しでも埋めてくれる何かがないかな?というタイミングで、素敵な女性と出会ってしまったら。

恋に落ちちゃう可能性は大!

恋に落ちた男性は家庭では得られない欲求を満たしたいのですから、自分のことをより理解してくれる彼女がいたら最高なのです。

大人になればなるほど、人に弱みを見せられなかったり、孤独感も強くなります。

そんな時、そばにいて支え合える、甘えることもできる女性がいたら男性はがんばってやっていけるそうです。

追いかけたくなる女性

男は生きるために狩りをする。

本来男性は追いかけられるより追うほうが好きです。

既婚者男性が手に入れたいと思うのは『追いかけたくなる女性』

既婚者男性が奥さん以外の女性に求めるのは、女性としての魅力もそのひとつ。

自分の奥さんは子供を生んでぶくぶく太って、化粧もロクにしない、いつでも普通の部屋着、髪はぼさぼさ・・・なんて異性としての魅力をまったく感じない。

ただの家族、子育てを一緒にするパートナーなど女として興味をもてなくなっていたりします。

男性はいくつになっても女性にたいして色気を求めていますから、女性としての魅力がありいつまでも綺麗でいる女性を追いかけます。

 



 

理想の彼女になるために!

結局男性はないものねだりなんですよね。

婚外恋愛をしている人の多くは、お互いの家庭で得られない何かを求めています。

理想の彼女になるためには、彼の奥さんの情報をキャッチするのもいいかも☆

彼が奥さんのどんなところに不満で、そこを埋めてあげられたらあなたはもう最高の彼女です!

日々の女磨きも大切ですよね。

だって、こちらも家庭では得られない『女としての価値』を再び得られるんですもの。

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【婚外恋愛】わたしのこと愛してる?男性の本音Part.1

  2. 【婚外恋愛】酔っている時のカレの言葉は本音か嘘か!?

  3. 【婚外恋愛】彼に会いたいと思わせるテクニックを大公開!

  4. 【ドラマ】あなたには帰る家があるから学ぶ不倫事情

  5. 婚外恋愛はどうしてこんなに不安なの??寂しさを紛らわす方法

  6. 【ドラマ】あなたには帰る家があるに学ぶ不倫の別れ修羅場

  7. 【婚外恋愛】カレに会えなくて寂しい時に気をつけること!

  8. 【婚外恋愛】カレと連絡をとる頻度みんなどうしてる!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。