【婚外恋愛】愛する彼に忘れられないキスをする

スポンサーリンク

忘れられないキスの経験

『忘れられないキス』をしたことありますか?

思い出すとくすぐったいファーストキスや、とろけるような甘いキス。

キスから始まる恋もありますよね!

キスは彼とからだも心も繋がれる大切な愛の行為。

2人の恋が盛り上がるのも、冷えちゃうのもキスの良し悪しかも!?

 

思い出にある忘れられないキスエピソード

 

突然抱きしめられキスをされた(22歳・会社員)
大学の友達の男性。
ある夜、飲み終わって駅にむかって歩いている時に突然・・・
「もう少し一緒にいたい」と抱きしめられキスをされた。
酔っていたとはいえ、イヤじゃなくて彼をもっと意識するように。

初めて付き合った彼氏とのファーストキッス(32歳・主婦)
初々しい中学生の時に初めてできた彼氏。
だれもいない放課後の教室で、唇がそっと触れるだけの軽いキス。
ふたりで真っ赤になって照れた甘い青春です!

好きな人からの不意打ちキス(29歳・パート)
好意をもっていた男性とふたりきりでカラオケ。
歌の間奏の時、ぐいっと腰を抱き寄せ不意打ちのキス。
ドキドキして残りの歌は歌えず、そのまま絡み合うような深いキスを・・・。
そのまま付き合うことになりました♡

大好きな人にこっちからキス(25歳・会社員)
両思いになれた人と進展がなくてモヤモヤ。
奥手な彼を待てなくて、たまらずこっちからキスしちゃった!
彼は驚いたような顔をしていたけれど、好きって気持ちが溢れちゃった!

 

こんなキスはNG!!

 

  • 唇が荒れてガサガサ
  • 口臭がする
  • ニオイのきつい食事のあと
  • 公衆の面前でのキス
  • 激しすぎるキス

 

どんなに大好きな彼女とのキスでもこんなキスではドン引きかも!?

男性は意外とロマンチストなんです。

いくら愛していても彼に不快な思いをさせてはいけません。

キスがきっかけで恋が芽生えるように、キスがきっかけで恋が終わることもありえます。

 

みんながしているリップケア

 

唇ガサガサ対策には?

 乾燥で唇が荒れてガサガサなときは、リップクリームを塗るほかに+αのケアも大切。

■リップパックしてみる
  1. リップクリーム(またはワセリン)を多めに塗る
  2. 唇の大きさのラップを唇に貼る
  3. 5~10分置いたらラップをはがして終了

☆ラップの真ん中に切り込みを入れておくと呼吸がしやすいです。
☆蒸しタオルで温めたり、入浴中が効果的
☆皮がむけたら優しく拭き取る



その人本来の『うるおい』『なめらか』『キメ』をケアし、大切な彼との時間を最後まで美しく彩れるセクシーな唇美容液です。

グロス独特の感触ではなく、心地よく感じる粘度を表現するために、繰り返し実験!『ツヤぷるなのにさっぱり』を意識し、乾燥によるカサツキも気になりません。

唇をなめらかにするローヤルゼリーやハーブが入っておりますので、リップケアとしても◎
\えっ/彼がキスしたくなる唇?3分に1本売れるキス専用美容液とは⇒

 

口臭対策には

  • 1日3回の歯磨き
  • うがい
  • 小まめにガムや口臭ケアをしている
     

エチケットには気をつけているはずなのに、なぜ臭う!?

それは口臭の原因は4つあるから。

4つの原因それぞれにアタック!舐めるだけ簡単ブレスケア♪

歯科医師共同開発した口臭サプリ【ブレスマイル】

 

キステクをあげるには

いきなり舌を激しく出し入れするキスや、顔を舐め回すような激しすぎるキスは男性もドン引き!

まずはお互いの感情を高めるために、ゆっくりと時間をかけて盛り上げていくことが大切。

小鳥がついばむようなバード・キスや、唇をチュッと合わせるキス、

彼の上唇や下唇を挟むような優しいキス。

彼が舌を入れようとしてもかわして唇を離してみる焦らしテク。

唇だけじゃなく、敏感な耳や首すじへも優しいキス。

だんだん彼も熱を帯びて、たまらなくなってきたらあなたから舌をそっと出し深いキスへ。

その時も手は彼の首や頭などに触れ愛撫するとさらに効果大です。

 

あなたはどんなキスをしますか?

 



 

最後まで呼んでくれてありがとうございます。

カレが大好きー♡って人はココ↓をポチっと押してね!

不倫・婚外恋愛ランキング

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 【恋愛】復縁できる?別れたカレとやり直すために必要なこと

  2. 大人の恋愛の魅力って!?若い頃の恋愛とどう違う?

  3. 【恋愛】理想の恋を引き寄せる!幸せ愛され女子になるには?

  4. 【婚外恋愛】マンネリかな?最近冷たくなった彼氏・・・もう潮時?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。